Introduction

 フランスには大人のコメディが豊富にありますが、その中の隠れた一作が、バリエ&グレディの「Potiche ポティッシュ」でした。
 1980年にパリで上演され、物語は70年代後半、地方の傘製造会社の社長夫人の変貌をコミカルに描いています。作品は「社会の中に自分の居場所を探す女性」を描いています。作品は70年代の世情ですが、現在も変わらない、女性と社会の関係がそこにはあります。 時代が変わっても、関係が変わらない状況は日本でも全く変わりはありません。この作品は多くの女性、そして女性を対等なパートナーと考える男性に是非ご覧頂きたいと願っています。しかし、あくまでもコメディです。笑いの中の批判をお楽しみ下さい。

 演出は文学座のというより現在の日本演劇を牽引する演出家の一人、鵜山仁氏。
 70年代の空気の中で、現在を描こうという意欲で演出に取り組みます。コメディの演出の場合でも、鵜山氏の大胆な切り口が、この作品を一段と見応えある作品に仕上るのは必至です。
 そして、“飾り壺”と思われている社長夫人は、賀来千香子。従順な妻であり家庭を大事にする母、しかし隠れた実力と知られざるアバンチュールを秘めた女性。賀来千香子の存在そのままがシュザンヌ像といえます。可愛いだけではない、優れた女性を、物語の展開で見せていくことが、この作品のみどころであり、痛快なところです。
 無骨な労働者出身の共産党市長は、永島敏行。独善的な社長である夫は、役柄の幅を広げてきている井上純一。社長の愛人なのに、シュザンヌの経営手腕に魅かれて行く秘書は、遠野なぎこ。他も適材適所のキャスティングです。

Story

 とある町の、大きな傘工場の経営者夫人シュザンヌは、メイドもいる専業主婦。子育ても終わり、ポエムづくりとジョギングが日課。家事も仕事もしなくて良い、と夫に言われる“お飾りの妻”となっていました。しかし彼女は“お飾り”ではなく、素晴らしい実力を持った女性だったのです。
 シュザンヌは子育ても終わり、優雅な日々を送るが、退屈な日々を送っている社長夫人である。社会の中に自分の居場所はなく、家庭でも母としての位置は、愛されるママでしかない。
 夫のロベールは仕事最優先、シュザンヌの事など見向きもしない。彼は、秘書のナデージュを愛人にしていた。娘のジョエルは結婚し、夫を父の傘工場に勤めさせている。息子のローランは、会社の後継者になるつもりは全くなくパリ暮らし。しかし、びっくりするニュースを持って実家に帰ってきた。
 そんな時、独善的で典型的なブルジョア社長ロベールに反発する労働者が、横暴な経営を改善しろ、とストライキに入ってしまう。ロベールは、事態を収拾するどころか、悪化させ工場に軟禁状態になってしまう。
 この窮地をシュザンヌは、若い頃には交流のあった、今は共産党員の市長であるババンに、助けて貰おうと相談する。ババンの協力もあり、創業者の娘としてシュザンヌは組合との交渉に成功する。そして夫は軟禁から解放されるが心臓発作を起こしてしまう。夫のロベールに代わり、彼女シュザンヌが社長に就任するが・・・。

※原題のpoticheとは、(中国や日本の)大型陶磁器、壺や花瓶などの事だが、転じて(実質的権限のない)名誉職の人、飾り物という意味もある。

Staff

作:Barillet & Grédy
(ピエール・バリエ&ジャン=ピエール・グレディ)

訳:佐藤 康

演出:鵜山 仁

美術:乗峯雅寛

照明:古宮俊昭

音響:小林 史

衣裳:倉岡智一

舞台監督:竹内一貴

演出助手:山上 優

宣伝美術:野澤孝幸

著作権代理:フランス著作権事務所

制作:小川 浩[株式会社NLT]
  樋口正太[株式会社 博品館劇場]

Writer’s

原作
ピエール・バリエ&ジャン=ピエール・グレディ
Pierre Barillet(1923年~)
Jean-Pierre Grédy(1920年~)

 日本では、この作者バリエ&グレディの作品に触れることは難しかった。しかしハリウッド映画にもなった「サボテンの花」といえば知る人も多いだろう。ウォルター・マッソーとイングリッド・バーグマン主演のハリウッド映画の原作は、バリエ&グレディなのである。プレイボーイの歯科医マッソーと軍曹と呼ばれる堅物看護婦がバーグマン、キュートなゴールディ・ホーンも魅力の映画で、ニューヨークに舞台を移していたが紛れもないブールヴァール劇なのであった。ブロードウェイでの舞台劇が映画化されたのである。
 日本での舞台上演は、4幕のオムニバスドラマ『四季の庭』をNLTが1988年に上演している。パリのアパートの一間を舞台に、四季の移り変わりの中、季節ごとに部屋の住人が変わる、こちらは男女の機微が面白い大人の恋物語の洒落た作品だった。
 しかしバリエ&グレディの代表作は一般的にいえば『40カラット』であろう。これは40歳になる女性は40カラットの耀きを持つという意味のタイトルで、パリのキャリアウーマンと若い男の恋を描いたコメディだが、自分の娘の友人が恋人という可笑しさがあった。また1984年に書かれた「リリーとリリー」は黒柳徹子の主演で銀座セゾン劇場で1991年に上演された事も特記したい。
 ところで二人は20代の頃に出会い、共作を始めるようになった。もともと映画の脚本家だったグレディが演劇志向のバリエと出会い、第一作の「アデルの天賦の才能」は1000回を超えるロングランを飾った。その後1994年の「赤いバスローブ」まで共作を続けている。

  

ブールヴァール劇 = théâtre du boulevard

 フランスの通俗喜劇。ブールヴァールは大通りを意味するが、多くの変遷を経て今は、パリのグラン・ブールヴァール周辺の商業演劇で上演される大衆向けの通俗的な演劇をさす。18世紀末の薄幸の美女の波乱万丈の通俗劇であるメロドラマをルーツとし、その後19世紀後半の軽喜劇を経て20世紀初頭にフェド-やギドリーによって現在の概念を定着させた。これには当時の名優の力も大きく、夫、妻、愛人の三角関係を見せる通俗喜劇が多く取り上げられ、観客を楽しませる事を一番とした。時代と共に作風は変化し、苦しみや皮肉、風刺と詩情を交える事で文学性の高い作品も生まれている。

Director’s
Comment

演出
鵜山 仁

『しあわせの雨傘』のオモシロさ

 女性の社会進出とか、雇用の機会均等とか、世間でもてはやされている平等化、平準化のうねりは、ある意味で、我々の差別意識の根強さを逆証明しているのではないかと思います。『しあわせの雨傘』の女主人公、シュザンヌの痛快な大活躍を喜ぶ我々は、裏目読みをすれば、つまりは弱いものイジメ、差別が大好きなのですね。
 しかし考えてみると、人生を、そして芝居を面白くしているのは、やはり人それぞれの多様性のぶつかり合い、あえて言えば差別被差別のエネルギーではないでしょうか。
 人間の生命力の根拠は、実は女性にしろ、子供にしろ、老人にしろ、社会的弱者が自らの弱点をてこにして、強者に立ち向かう、そのヴァイタリティーにある。
 実はこのあたりが、これからの世界を、我々の未来を考える上で、重要なカギになるのかもしれない、と考えているのですが…

●慶應義塾大学文学部フランス文学科卒業。 文学座入所(17期)。ウィット溢れる演出術で俳優の意外な一面を引き出す手腕と、言葉から着想される膨大なイメージをあらゆる表現・素材を使って劇空間に現出させる力に定評がある。2004年、第11回読売演劇大賞の大賞・最優秀演出家賞を受賞。その後も休む間も無く傑作を生み出し続ける。2007年6月~2010年8月、新国立劇場の第四代演劇芸術監督を務める。
 主な代表作に『グリークス』(第25回紀伊國屋演劇賞団体賞)(文学座)、『コペンハーゲン』(新国立劇場/第9回読売演劇大賞優秀演出家賞)『父と暮せば』『円生と志ん生』(以上こまつ座)『ヘンリー六世』(新国立劇場)またオペラやミュージカルなどの演出も手懸ける。

Cast

Suzanne Pujol

Suzanne

シュザンヌ(ピジョル夫人)
賀来千香子

創業者の娘、迎え婿のロベールと結婚して30年。
夫の言うなりに美しく着飾り、家政婦もあてがわれて家事もせず、
日課のジョギングと、趣味のポエム作りに勤しむ、
まるで「飾り壺」のような日々を送る
有閑マダムだが・・・

Robert Pujol

Robert

ロベール(シュザンヌの夫)
井上純一

新婚の頃から浮気癖があり、現在も秘書と“いい仲”になっている。
反面、仕事は猛烈にするが、その情熱が従業員に向くことはなく
独善的で横暴な経営者になってしまっている。
しかし、弱気になることもあり、
人間的には可愛い面もありそう・・・

Nadège

ナデージュ(ロベールの秘書)
遠野 なぎこ

ピュジョル社長の秘書、彼の愛人でもある。
しかし、それを家族にも見破られているのは、
ロベールの脇の甘さだけとはいえないかも。
献身的に社長に尽くすが、
社長からは意外に冷めた態度をされることもあり、
シュザンヌの魅力に引き込まれていくが・・・

Joëlle

ジョエル(ピジョル家の娘)
広田礼美

シュザンヌとロベールの娘。結婚して幼子がいる。
夫は貴族階級出身なので、ピュジョル家に箔が付いたと
ロベールは喜んだ。
夫のアルノーは、現在ピュジョル社に勤務しているが、
どうも能力は評価されていない様子。
ジョエルは勝気で父親気質を受け継ぐ。
彼女は夫を心から愛している・・・

Laurent

ローラン(ピジョル家の息子)
後田真欧

ジョエルの弟。古代文明を研究し今年、大学院を卒業した。
今は求職中。勤め先も決まりそうで、
両親に今後のことを打ち明けにパリから帰宅した。
芸術肌でもあり、リベラルな青年である。
母親思いで、今回の騒動では出来るだけ母の助けになるように
行動する。ジョエルとは全く違う気性であるが・・・

Maurice Babin

Maurice

モーリス・ババン(市長)
永島敏行

この街の市長であり、国会議員でもある。
(フランスは首長と国会議員の兼職が可能)
共産党員で、労働運動に身を投じてきた。
この地方での有力な政治家といえる。
シュザンヌとは旧知の仲だが、現在では行き来は全くない。
若い頃はピュジョル社の社員でロベールとは犬猿の仲だった。
彼は恋人は政治というが、実は若い頃には恋もしている・・・

Information & Ticket

全国公演 2018年
4月11日(水)〜8月18日(土)

 東京公演
8月22日(水)〜26日(日)
 銀座 博品館劇場

東京公演 チケットのお問い合わせ

■前売り開始 6月20日(水)  ■全席指定 6,500円。
 ■博品館劇場のご案内はこちら

日程・開演時間

22(水)

19:00

23(木)

14:00

24(金)

14:00

25(土)

14:00

26(日)

14:00

22(水)

19:00

23(木)

14:00

24(金)

14:00

25(土)

14:00

26(日)

14:00

※開場は開演の30分前

 
博品館1F TICKET PARK 
お電話でのお求めはこちら 
☎03-3571-1003(10:00〜20:00)

 
NLTオンラインチケットサービス
WEBからのお求めはこちら

 
チケットぴあ 
☎0570-02-9999 
WEBからのお求めはこちら(PC&携帯)
【Pコード:486-783】

 
イープラス 
WEBからのお求めはこちら

 
ローソンチケット
【Lコード:34348】
☎0570-000-407(オペレーター対応 10時〜20時)
WEBからのお求めはこちら

 
Confetti(カンフェティ)
☎0120-240-540 
WEBからのお求めはこちら

全国公演日程・開演時間

日時 会場 [主催] 日時 会場 [主催]
4月11日 相模原女子大学 グリーンホール [相模原演劇鑑賞会]4月14日 姫路市市民会館 大ホール [姫路市民劇場]
4月15 ─ 16日 神戸文化ホール 中ホール [神戸演劇鑑賞会]4月18日 紀の川市粉河ふるさとセンター 大ホール [紀北演劇鑑賞会]
4月19日 阪南市文化センター サラダホール [泉南演劇鑑賞会]4月20 ─ 22日 和歌山市民会館 小ホール [和歌山演劇鑑賞会]
4月24日 ひこね市文化プラザ グランドホール [ひこね演劇鑑賞会]4月25 ─ 26日 奈良県文化会館 国際ホール [奈良演劇鑑賞会]
4月27 ─ 28日 京都市立呉竹文化センター [京都労演]4月29日 貝塚市民文化会館 コスモスシアター [岸貝演劇鑑賞会]
5月22日 山形市民会館 [山形演劇鑑賞会]5月23日 郡山市民文化センター [郡山演劇鑑賞会]
5月24日 會津風雅堂 [会津演劇鑑賞会]5月25 ─ 26日 いわき芸術文化交流館アリオス [いわき演劇鑑賞会]
5月28 ─ 30日 福島テルサ [福島演劇鑑賞会]6月1 ─ 4日 仙台市民会館 [仙台演劇鑑賞会]
6月5日 盛岡市都南文化会館 [盛岡演劇鑑賞会]6月7日 鶴岡市中央公民館 [鶴岡市民劇場]
6月8日 秋田文化会館 [秋田演劇鑑賞会]6月9 ─ 10日 八戸市公会堂 [八戸市民劇場]
6月12日 弘前市民会館 [弘前市民劇場]6月13日 青森市民ホール [青森演劇鑑賞協会]
6月15日 函館市芸術ホール [函館演劇鑑賞会]6月17日 釧路生涯学習センター [演劇鑑賞会くしろ演劇みたい会]
6月19 ─ 20日 旭川市公会堂 [旭川市民劇場]6月21 ─ 22日 道新ホール [特定非営利法人演劇鑑賞会北座]
6月23日 江別市民会館 [江別演劇鑑賞会]7月3日 岡崎市民会館 [岡崎演劇鑑賞会]
7月4 ─ 6日 穂の国とよはし芸術劇場 [豊橋演劇鑑賞会] 7月7日 幸田町民会館さくらホール [幸田演劇鑑賞会]
7月8日 江南市民文化会館大ホール [尾北演劇鑑賞会] 7月10日 知多市勤労文化会館 [ちた半島演劇鑑賞会]
7月11 ─ 12日 日本特殊陶業市民会館 [名古屋演劇鑑賞会] 7月13 ─ 14日 岐阜市民会館 [岐阜労演]
7月15日 稲沢市民会館 [いなざわ演劇鑑賞会] 7月17日 伊勢市観光文化会館 [いせ演劇鑑賞会]
7月18日 三重県総合文化センター [津演劇鑑賞会] 7月22日 七尾サンライフプラザ [七尾演劇鑑賞会]
7月23日 野々市文化会館フォルテ [金沢市民劇場 野々市会場] 7月25日 石川県立音楽堂邦楽ホール [金沢市民劇場]
7月26 ─ 27日 富山県高岡文化ホール [高岡演劇鑑賞会] 7月29 ─ 30日 砺波市文化会館 [となみ演劇鑑賞会]
7月31 ─ 8月1日 富山県民会館 [富山県演劇鑑賞会] 8月2日 新川文化ホール [魚津演劇鑑賞会]
8月4日 幸市民館 [川崎さいわい市民劇場] 8月5日 藤沢市民会館大ホール [茅ヶ崎演劇鑑賞会]
8月7日 藤沢市民会館大ホール [藤沢演劇鑑賞会] 8月8日 鎌倉芸術館 [鎌倉演劇鑑賞会]
8月11日 横須賀市文化会館大ホール [横須賀演劇鑑賞会] 8月16 ─ 17日 エポックなかはら [川崎市民劇場なかはら]
8月18日 多摩市民会館 [たま・あさお市民劇場]
8月22 ─ 26日 博品館劇場 [博品館劇場・NLT提携] 前売り開始6月20日(水)

観劇ご希望の方

全国公演のお問い合わせは、演劇鑑賞会、市民劇場です。各団体は年間会員制で、芝居を観る団体です。
入会方法等は各主催者へお問い合わせください。お問い合わせ先はこちらをご覧ください。

制作

NLT